2011年07月23日

栄二くんがやってきた。

轟栄一さんの3周年ということを告知動画で知ったので、コレは何か出さねばと思って頑張ってみたもの。

1週間程度しかなかったのでUTAUパートでオリジナル曲をやるのは無理だと悟って、とりあえず、栄一さんのライブラリの中で「裏声」をもっと聞きたい、うっとりしたい、というターゲット設定のもと、森山直太朗の「さくら」を歌ってもらった。
ということで主旋律では高音部を裏声に切り替えながら歌ってます。
コーラス部は裏声メイン。






コーラス部はg-16で栄二くんに歌ってもらいました。(轟栄一さん音源は、g-20程度した高いかわいらしい声に対して「弟の栄二くん」という呼び方をする慣例(?)がありますです)
4thノーマルあたりの硬い音源は、g-20だとさすがにケロった感じがするなあと思ったんでg-16程度ですけれども、裏声はホンットに綺麗な女の子みたいな声でびっくりしました。
もともとの原音は随分低めですから、適正に出音できる音域がほんとうに広いなあと実感しました。
UTAUは細くする方に対しては違和感が出にくい、というのもあるとは思いますが。

裏声でパンチが足りないところには弱音を入れてますが、ちょっとザラつきがおおくて、混ぜて使うには難しいかったかもしれない。
弱音オンリーとちがって後処理でノイズが取りにくいし、対比でちょっと目立つ……。
たくさん音源のある栄一さんですので、なじみの良い音源同士はフレーズ内で互換的に使ってます。
なんとなく感覚で、ですが、
 ・3rd、4th穏、連続音テスト1、裏声
 ・4thノーマル、連続音2、1st
 ・弱音、2nd、裏声
あたりで互換がある感じがします。

曲のアレンジはYoutubeで見かけて普通の一般投稿動画だと知って愕然としたライダーSさんの動画を参考にしています。





カラオケ配布されているのに気づかなかった所為で、伴奏のコピーに随分時間をかけてしまいました……。
音楽理論も知らない+ギターも弾けない状態で挑んでしまったので、じゃらーんと鳴らされるとサッパリ音が分からなくて手間取ってしまった……。結局自分のレベルに合わせて簡素にしてしまいましたが。

割合的には伴奏3日・歌唱3日・絵とお話に完徹1回。かな?
お話部分は、まあ、期限を見越して出来る範囲で。
わざとらしくなく、にやにや出来そうな内容をと考えてみました。
ほほえましいというか。邪でなくねw

公式設定ゼロの栄一さん栄二さんですが、話させるにあたって、なんとなく自分の中で想定した性格はこんな感じ。

・栄二:世話焼き弟、兄に対して過小評価、やや天真爛漫、いたずら、ややツン、うざいの苦手。
・栄一:ブラコン兄(なので弟にされるがまま)、ホントは出来る人、やや天然入ってる、優しい。

今後おんなじ感じになるかは不明。

HANASUは前と後ろに分けたんですが、カバー曲を挟むには曲長すぎたかもしれないなあ…。
曲2分程度で収めた方が動画として見やすかった気がする。

以下はバックアップのUST。HANASU部分のみ。
A1-SAKURA-せりふ.zip

今回は権利関係があるので、曲部分は省略しました。
ただ、上記のライダーSさんが楽曲サイト「同人音楽の森」でカラオケを配布されていて、
「カラオケに歌を載せたものに関しては転載可」とのことなので、カバーして見たい人はそちらをのぞいてみるとよいかと思います。

絵の素材はPixivからどうぞ。
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=20379991

posted by ZON at 05:25| Comment(1) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
桜の歌うまいと思う。
うますぎて、最初どこからUTAUが始まるのかと思った程。

うますぎて、生歌と比べられてしまうかもねぇ
Posted by ane at 2011年08月12日 21:33
コメントを書く
コチラをクリックしてください